記事内に広告を含む場合があります
ドライバーランキング

【2023年】飛距離が出るドライバー ランキング【中級者・セミアスリートゴルファー編】

ドライバー

本記事では、飛距離性能に優れたドライバーについて、2023年時点でのオススメモデルをランキングで紹介します。

なお、対象ゴルファーは、中級者・セミアスリートゴルファーを想定しています。

ゴルフの腕前が上がってきた方、100切りが安定してきた方、球筋を打ち分けてみたい方など、一段上の弾道を求める方など、参考にしてみてください。

第1位 スリクソン ZX5 MKⅡ LSドライバー

スリクソンから発売のZX MKⅡシリーズの寛容性+低スピンが特徴のドライバーです。

前作までは、ZX5が寛容性、ZX7が操作性・低スピンと住み分けられていましたが、ZX MKⅡでは寛容性と低スピンが共存したZX5の低スピンモデル、ZX5 MK2 LSドライバーが追加されました。

寛容性と低スピンをはっきりと共存させたモデルは、前年までキャロウェイが「MAX LS」の形でリリースしていましたが、何故かとても稀有な

存在です。

クラブの適度なやさしさに頼りつつ、吹き上がりを抑えたい方にとって、ZX5 MKⅡ LSドライバーはとても貴重なドライバーです。

ZX5 MKⅡとZX5の新旧ドライバーを比較試打した結果が興味深かった件
スリクソンのZXシリーズの2022年モデルは、ZX MKⅡという名称でリリースされています。 ドライバーはZX5に新たにLSタイプが加わり、全3機種となっています。 その中で最も注目が集まるのZX5 MKⅡドライバーについて、前作のZX5ド...

第2位 テーラーメイド ステルス2 ドライバー

テーラーメイドの2023年の新作、ステルス2シリーズのスタンダードモデルです。

スタンダードモデルと言っても、テーラーメイドのドライバーは基本的にフェードバイアスでアスリート寄りのため、中級者に適しています。

話題のカーボンフェースは前作よりもカーボンシートの積層の変更により進化していて、打感・打音の評価が更に上がっています。

同シリーズのアスリート向けのステルス2 PLUSより、つかまり、寛容性、打ち出しの高さが備わっていますが、球筋を打ち分けることもできます。

ややフェード系の弾道を好む方、低く打ちたい方、進化したカーボンフェースに興味がある方にオススメです。

ステルス2 ドライバー USモデルの仕様・シャフト!日本モデルとの違いも解説
ステルス2ドライバー フェアウェイゴルフUSA 楽天市場 Amazon テーラーメイド公式 ステルス2ドライバーのUSモデルと日本モデルの違いを比較 主要スペックの違い USモデルと日本モデルで、公開されているスペック項目を比べてみると、値...

第3位 コブラ AEROJETドライバー

コブラの2023年の新作、AEROJETシリーズのスタンダードモデルのドライバーです。

コブラは海外でとても評価が高く、日本国内でも上級者を中心に評価が上がってきています。

スタンダードモデルのAEROJETドライバーは、後方にウェイトを一つ搭載し、深重心で寛容性を持たせてありますが、AEROJETシリーズ自体がアスリート寄りのため、中級者が十分使い応えのあるドライバーです。

AEROJET エアロジェット ドライバー USモデルの仕様・シャフト!日本モデルとの違いも解説
AEROJET ドライバー 楽天市場 Amazon フェアウェイゴルフUSA エアロジェット ドライバーのUSモデルと日本モデルの違いを比較 主要スペックの違い USモデルと日本モデルで、公式サイトにて公開されているスペック値を比較してみる...

基本的には、低く強い弾道、操作性を求める方に適していますので、自分でしっかり球をつかまえられ、高さを出せる方向けです。

コブラ 2023年の新作「AEROJET」ドライバー3機種の違いを比較・評価
コブラの2023年モデルの「AEROJET」シリーズについて、ドライバー3機種の違いをまとめました。 AEROJET ドライバー 楽天市場 Amazon フェアウェイゴルフUSA AEROJETシリーズのUSモデルのドライバー3機種 コブラ...

第4位 キャロウェイ パラダイムドライバー

キャロウェイの2023年の新作、パラダイムシリーズのスタンダードモデルです。

スタンダードモデルのパラダイムドライバーは、前作のローグST MAXドライバーとローグST MAX LSドライバーの中間ぐらいのモデルです。

パラダイムシリーズの中でこのスタンダードモデルのみ、ソール後方にスライダー式のウェイトを搭載していて、ドロー・フェードの弾道調整が行えます。

そして、ネックにはアジャスタブル・ホーゼルも搭載されていて、ロフト・ライの調整も可能なため、ウェイト調整と合わせて、上下左右に弾道をカスタマイズしたい方に適しています。

パラダイム◆◆◆ ドライバー USモデルの仕様・シャフト!日本モデルとの違いも解説
パラダイム◆◆◆ ドライバー フェアウェイゴルフUSA 楽天市場 Amazon キャロウェイ公式 パラダイム◆◆◆ドライバーのUSモデルと日本モデルの違いを比較 主要スペックの違い USモデルと日本モデルで、公開されているスペック項目を比べ...

第5位 タイトリスト TSR2ドライバー

タイトリストから2022年後期にリリースされているTSRシリーズの「2」のモデルです。

モデル分けとしては後方ウェイトによる寛容性が特徴となりますが、PGAツアーでも使用されるモデルのため、アスリート向けとなります。

前作と比べて、球筋の操作感が上がっていますので、弾道の操る楽しさを味わいたい、挑戦したい方に適しています。

TSRシリーズのドライバーを購入する際に、知っておきたいポイント4つ【TSi3ユーザーは特に必見】
TSRシリーズのドライバーは、TSR2・TSR3・TSR4の3機種のドライバーがあります。 前作のTSiシリーズとは異なる点がいくつかあり、購入を検討するに当たって、事前に幾つか把握しておきたい点があります。 特に、同じタイトリストのドライ...

なお、前作でTSi3ドライバーを使っていた方が、TSR2ドライバーのロフト10°を選択しているケースが見受けられますので、ロフト選びは十分試打されることをオススメします。

TSR4ドライバー USモデルの仕様・シャフト!日本モデルとの違いも解説
TSR4ドライバー 楽天市場 Amazon フェアウェイゴルフUSA TSR4ドライバーのUSモデルと日本モデルの違いを比較 ロフト角の種類の違い TSR3ドライバーでは、USモデルと日本モデルでロフト角の種類に違いがありましたが、TSR4...

第6位 PING G430 LSTドライバー

PINGから2022年後期にリリースされているG430シリーズの低スピンモデルです。

G430 LSTドライバーは、アスリートゴルファー・上級者向けの方でも取り上げていますが、低スピン性能に加えて、PING特有の弾道のブレなさも優れていますので、中級者・セミアスリートにもオススメです。

G430とG425(MAX・LST・SFT)のヘッドスペックを計測した結果が興味深かった件
G430シリーズのドライバーは、G425と同様にMAX・LST・SFTの3タイプとなっています。 PINGは前作を上回る出来にならないと、新製品を発売しないことで知られているメーカーですが、それでも各タイプのドライバーが、どの方向に進化して...

PINGは、3種類のヘッドに加えて、シャフトの選択肢が豊富で、フィッティングに対応しているリアル店舗が多いため、自分にあったドライバーを仕上げられるところも魅力の一つです。

ご自分ではなかなか選び辛いという方は、フィッティングを受けられてみると良いでしょう。

G430 LSTドライバー USモデルの仕様・シャフト!日本モデルとの違いも解説
G430 LSTドライバー 楽天市場 Amazon フェアウェイゴルフUSA G430 LSTドライバーのUSモデルと日本モデルの違いを比較 主要スペックの違い USモデルと日本モデルで、公開されているスペック項目を比べてみると、殆どの値が...

第7位 ミズノ ST-Z 230ドライバー

ミズノの2023年モデル、STシリーズの深重心タイプのドライバーです。

STシリーズは、Z(深重心)、X(ドロー)、PLTNM(軽量)の3タイプあり、弾道バイアスが無い方にはZ(ST-Z 230ドライバー)が適しています。

ミズノの2023年の新作「ST230」ドライバー3機種の違いを比較・評価
ミズノの2023年モデルの「ST 230」シリーズについて、ドライバー3機種の違いをまとめました。 ≫ ミズノのST-Z 230フェアウェイとST-X 220フェアウェイの違いを比較・評価 ST-X 230ドライバー 楽天市場 Amazon...

STシリーズというブランド自体は逆輸入の形を取っていて、日本メーカーながら海外からの評価が高い点が魅力の一つとなっています。

ST-Z 230ドライバー USモデルの仕様・シャフト!日本モデルとの違いも解説
ST-Z 230ドライバー 楽天市場 Amazon フェアウェイゴルフUSA ST-Z 230ドライバーのUSモデルと日本モデルの違いを比較 主要スペックの違い USモデルと日本モデルで、公開されているスペック項目を比べてみると、ロフト角の...

第8位 テーラーメイド BRNR miniドライバー

こちらはテーラーメイドのミニドライバーシリーズの2023年モデル、BRNR miniドライバーです。

名前から察しが付く方もおられると思いますが、往年のバーナー(Burner)の要素を取り入れたミニドライバーです。

ヘッド体積は304ccで直ドラも可能なため、大型ヘッドが苦手な方、スプーンよりも強い球を打ちたい方、一部で流行っているドライバー二本差しに興味がある方に検討してもらいたいドライバーです。

BRNR miniドライバー USモデルの仕様・シャフト・試打・評価
テーラーメイドからBRNR(バーナー) miniドライバーが発売となっています。 当初はUSモデルが先行して発売され、その後、日本モデルも発売されています。 購入する場合は、USモデルの取り扱いで有名はフェアウェイゴルフUSAがオススメです...
タイトルとURLをコピーしました