記事内に広告を含む場合があります
キャロウェイ女子プロゴルファー

上田桃子プロがネットで中古クラブを買ってまで使い続ける名器とは!?

キャロウェイ

上田桃子プロは、あまりクラブやシャフトを変えず、同じものを使い続けることで知られています。

中でもお気に入りのクラブは、古すぎて新品では手に入らないことから、ネットで中古クラブを購入してまで使い続けています。

上田桃子プロの2023年のクラブセッティング WITB

まず、2023年時点での上田桃子プロのクラブセッティングを見てみましょう。

  • キャロウェイ パラダイム◆◆◆ドライバー(10.5°)
  • キャロウェイ X HOTフェアウェイ(3番、5番)
  • タイトリスト 816 H1ユーティリティ(23°)
  • キャロウェイ APEX DCBアイアン(5番)
  • キャロウェイ APEXアイアン 2016(6番~PW)
  • キャロウェイ Xフォージドウェッジ ミルキークローム(50°、54°)
  • キャロウェイ JAWS RAWウェッジ(60°)
  • オデッセイ TRI-BEAMパター ダブルワイド

上田桃子プロが長く使い続ける古い名器

上記のクラブセッティングの中で、古いモデルが3つあります。

  • キャロウェイ X HOTフェアウェイ(3番、5番)
  • キャロウェイ APEXアイアン 2016(6番~PW)
  • キャロウェイ Xフォージドウェッジ ミルキークローム(50°、54°)

キャロウェイ X HOTフェアウェイ(US)

まずはフェアウェイウッドです。

2013年に発売のキャロウェイ X HOTです。

アマチュアでも300ヤード飛ばせるとのことで、いわゆる、300ヤードスプーンとして一世を風靡したモデルです。

実は日本モデルとUSモデルでカラーリングが異なっていて、日本モデルではソールのXの文字がオレンジですが、USモデルはレッドです。

上田桃子プロは3番(15°)と5番(19°)を使っていて、2016年から使い続けています。

アイアンやウェッジと違って、ウッドは割れてしまうことがあり、実際に上田桃子プロが使っていたX HOTフェアウェイも割れてしまったことから、ネットで中古を探して購入してまでして調達しています。

そのため、現在、使用している実際のX HOTフェアウェイは、見ず知らずの人のテンプル痕が変なところについているそうです。

キャロウェイ APEXアイアン 2016

2つめはアイアンです。

キャロウェイの大人気シリーズ、APEXアイアンの2016年モデル。シリーズとしては2作目ということになります。

発売された2016年から使い続けていまして、先程のX HOTは途中でEPICなどを試したこともありましたが、アイアンは2016年以降でAPEX以外を使っているところも見たことがありません。

キャロウェイ Xフォージドウェッジ ミルキークローム

3つめはウェッジです。

キャロウェイのX FORGEDウェッジ ミルキークロムです。

2008年に発売(厳密には2007年末)のモデルで、もともとは同モデルのニュービンテージ仕上げの方を発売された2008年から使い続けていましたが、2014年からミルキークロム仕上げに変わっています。

これは推測ですが、劣化により代替する必要があり、同モデルを探したところ、見つかったものがミルキークロム仕上げだったというだけではないかと思います。

それでも既に10年近く使用していますので、長く使い続けることによるフェースの劣化が気になるところですが、ウェッジの50°、54°についてはスピンが重要ではないとのことで、溝がなくなっても使い続けられるそうです。

まとめ

上田桃子プロが長く使い続けるゴルフクラブ3種類を取り上げました。

ゴルフクラブはニューモデルが毎年のように発売され、テクノロジーや素材の進化が止まりません。

特にウェッジは溝に注目したテクノロジーが増えていて、スピン性能を強く謳っているものが増えています。

ですが、今尚、勝ち続けている上田桃子プロのクラブセッティングを見ると、道具より技量が大事であることを改めて認識させられます。

タイトルとURLをコピーしました