アイアンテーラーメイド

M CGBアイアン USモデルの仕様・シャフト!日本モデルとの違いも解説

アイアン

M CGBアイアンのUSモデルと日本モデルの違いを比較

USモデルの方が番手が豊富

USモデルと日本モデルでは、クラブの種類(番手)のラインナップが大きく異なります。

日本モデルでは5~9番、PWの6種類ですが、USモデルではこれに4番、AW、SWが加わった9種類となっています。

USモデルを選択すると、ロングアイアンの4番(20.5°)、ウェッジのAW(48.5°)・SW(54°)まで揃えられますので、長い距離でアイアンを使いたい方や、ウェッジをアイアンと同じモデルにしたい方に適しています。

主要スペックの違い

公式サイトで好評されているスペック値を比べると、ロフト角・ライ角・では、日本モデルでは、ロフト角・ライ角は同じですが、長さの表記に違いがあります。

番手USモデル日本モデル
438.88″
538.25″38.5″
637.63″38″
737.00″37.5″
836.50″37″
936.00″36.5″
PW35.50″36″
AW35.50″
SW35.25″

USモデルはレフティーもある

日本モデルは、ライトハンドのみの提供となっていますが、USモデルでは全ての番手でレフティーモデルの提供があります。

左利きの方は、USモデルでのみ入手することができます。

シャフトが異なる

USモデルと日本モデルで、公式サイトで紹介されているシャフトの種類に違いがあります。

USモデルと日本モデルで、どちらもスチールシャフトにNSプロ840シャフトが採用されています。USモデルではさらにカーボンシャフトのUST RECOIL460が採用されています。

<USモデル>

  • N.S. PRO 840
  • UST RECOIL460

USモデルのシャフトの詳細スペックは、この後で詳しく掲載してあります。

<日本モデル>

  • N.S. PRO 840

M CGBアイアン USモデルの価格と購入方法

発売価格については、5~9・Pの6本セットで調べて見ました。

ネットでの市場価格については、日本モデルはamazonや楽天で購入することができて、NSプロ840GHが装着されたモデルで約8.4万円で出品されています。

USモデルはフェアウェイゴルフUSAにて、UST Recoil 460ESが装着されたモデルで約12.6万円で出品されています。

シャフトの違いこそありますが、同じセット内容では、日本モデルの方がかなり安く出品されています
(当記事執筆時点)

USモデルを購入する場合、フェアウェイゴルフUSAは、直接、メーカーから仕入れていて日本国内での実績も長く、知名度もありオススメです。

※フェアウェイゴルフUSAのメーカーからの直接仕入れについての説明

M CGBアイアン USモデルの外観

M CGBアイアン USモデルの仕様

番手ロフト角ライ角オフセット長さバランス
420.5°61°6.3mm38.88″D0
523.0°61.75°5.8mm38.25″D0
626°62.5°5.3mm37.63″D0
729.5°63°4.7mm37.00″D0
833.5°63.5°4.2mm36.50″D0
938.0°64°3.5mm36.00″D0
PW43.0°64.5°3mm35.50″D0
AW48.5°64.5°2.6mm35.50″D0
SW54°64.5°1.8mm35.25″D0

M CGBアイアン USモデルのシャフト

US公式サイトに掲載されているシャフトは、2種類です。

NIPPON NSPRO840

硬さ重量トルク打ち出しスピン量
S84g1.9
R82g2.1

UST RECOIL460

硬さ重量トルク打ち出しスピン量
S67g4.6
R64g4.8
A63g4.8
タイトルとURLをコピーしました