キャロウェイ

「EPIC LZR」と「BATWING」、キャロウェイのニューモデルとニューテクノロジーか!?

キャロウェイ

キャロウェイの商標で新たな名称が出願されていました。

登録区分などから、ゴルフクラブのニューモデルとニューテクノロジーを表すものではないかと思われます。

2021年の後期にキャロウェイから4つの商標が出願されている

2021年の後期に入って、キャロウェイにて新たな商標が出願されています。

  • Epic LZR:2021年12月16日
  • RAINSPANN:2021年12月16日
  • BATWING TECHNOLOGY:2021年11月9日
  • BATWING:2021年8月3日

キャロウェイではウェアやバッグなども、ゴルフ用品全般を取り扱っていますので、ゴルフクラブに関するものと、そうでないものが有り得ます。

注目したいのは、「EPIC LZR」「BATWING」「BATWING TECHNOLOGY」の3つです。

こちらは、「EPIC」や「TECHNOLOGY」というワードが付いていますので、ゴルフクラブの匂いがプンプンします。

残りの「RAINSPANN」については、ゴルフクラブではないように思われます。と言いますのも「スパン」にはロープやチェーンなど結ぶものを意味することがあり、「RAIN」はそのまま雨と捉えると、何かゴルフウェアやバッグなどで使われるWET対応の生地や製品などが連想されます。

「EPIC LZR」とは?

出典:inpit.go.jp

Epic LZRは、運動用具として出願されています。読み方は、「エピックエルゼットアアル,エピック,エルゼットアアル」となっています。

あくまで個人的な考えですが、「LZR」はレーザーの意味ではないかと推測してしまいます。

ローグSTのSTは「Speed Tune」の略でした。「LZR」は、レーザーのように速く真っ直ぐな弾道という意味が想像されます。

2022年はローグ系が発売されていますので、翌年の2023年は順当にいけばEPIC系が発売されます。

2023年のキャロウェイのニューモデルは、EPIC LZR(エピック レーザー)という可能性は、十分にあるのではないかと思います。

「BATWING」、「BATWING TECHNOLOGY」

出典:inpit.go.jp

残るは「BATWING」と「BATWING TECHNOLOGY」です。

一方はご丁寧に「TECHNOLOGY」と付いていますので、ゴルフクラブに搭載されている技術の名称、または、それを実現する構造の名称ではないかと思われます。

何とかウィングというのは、最近、他メーカーでもありました。

日本を代表するダンロップのアベレージゴルファー向けブランド「XXIO」で「ActivWing」というテクノロジーが採用されています。

「飛びの翼」とも呼ばれていて、ウッドのクラウン部分にエアロ設計が採用されています。

「BATWING」という名称からは、コウモリに似た形状ではないかと思われますが、どのようなものが、どのような大きさで、どこに搭載されるのかは、現時点では不明です。

新たなモデルがEPIC LZRで、そこに搭載されるテクノロジーだとすれば、スピードアップに関係するものではないかと思います。

まとめ

キャロウェイの新たな商標出願について、「EPIC LZR」、「BATWING」、「BATWING TECHNOLOGY」を取り上げました。

テーラーメイドでもステルスシリーズで採用されている「CARBON WOOD」が、先んじて商標出願されていましたので、キャロウェイでもニューモデルに関するものである可能性は十分ありそうです。

 

タイトルとURLをコピーしました