記事内に広告を含む場合があります
アイアンスリクソン

ZX7 MKⅡアイアン USモデルの仕様・シャフト!日本モデルとの違いも解説

アイアン

ZX7 MKⅡアイアンのUSモデルと日本モデルの違いを比較

主要スペックの違い

USモデルと日本モデルで、公開されているスペック項目を比べてみると、ロフト角・ライ角は同じ値となっています。

長さについては、日本モデルではシャフトにより長さ設定が異なっています。日本モデルでNSプロ MODUS3 TOUR 105 DSTシャフトのものは、USモデルと同じになっていて、日本モデルでその他のシャフト(ダイナミックゴールド、NSプロ MODUS3 TOUR 120)のものは、USモデルより0.25インチ短尺となっています

オフセットについては、日本はフェースプログレッションの方で表記されていますので、大凡の比較は可能ですが、厳密に同じであるかは確認できません。

ただ、番手間のオフセット、フェースプログレッションの差異を見てみると、USモデルと日本モデルで大きく外れているところはありませんでした。

番手の違い

アイアンの番手は、USモデルの方がロングアイアン、ウェッジ共に充実しているケースが多いですが、ZX7 MKⅡアイアンは日本メーカーの為か事情が少し異なっています。

USモデルは3~9、PW、AWの9種類の番手がありますが、日本モデルではこれにウェッジのSWが加わっていて10種類です。

シャフトの違い

USモデルと日本モデルで、公式サイトで紹介されているシャフトの種類に違いがあります。

USモデルはNSプロシャフト1種類のみですが、日本モデルはNSプロシャフトが2種類、ダイナミックゴールドが1種類で合計3種類となっています。

<USモデル>

  • NIPPON N.S. PRO MODUS3 TOUR 120

USモデルのシャフトスペックは、この後で詳しく掲載してあります。

<日本モデル>

  • ダイナミックゴールド DST
  • N.S.PRO MODUS3 TOUR120
  • N.S.PRO MODUS3 TOUR105 DST

レフティーモデルの有無

レフティーモデルについては、USモデルの方が充実しているケースが多く見受けられます。

実際、ZX7 MKⅡアイアンも、USモデルの方がレフトハンドの提供がある番手が多くなっています。

日本モデルは5~9番・PWの6種類の番手でレフトハンドがあり、USモデルはこれに3番・4番の2種類が加わります。

ZX7 MKⅡアイアン USモデルの価格と購入方法

ネットでの市場価格については、5~9番、Pの6本セットで調べました。

日本モデルはamazonや楽天で購入することができて、NSプロ MODUS3 TOUR 120シャフトで145,200円で出品されています。

USモデルはフェアウェイゴルフUSAにて同じくNSプロ MODUS3 TOUR 120シャフトで143,993円で出品されています。

USモデルの方が1千円ほど安く出品されています
(当記事執筆時点)

USモデルを購入する場合、フェアウェイゴルフUSAは、直接、メーカーから仕入れていて日本国内での実績も長く、知名度もありオススメです。

※フェアウェイゴルフUSAのメーカーからの直接仕入れについての説明

ZX7 MKⅡアイアン USモデルの外観

ZX7 MKⅡアイアン USモデルのスペック

番手ロフト角ライ角オフセット長さ
320°60°3.5mm39″
422°60.5°3.3mm38.5″
525°61°3.2mm38″
628°61.5°3.0mm37.5″
732°62°2.8mm37″
836°62.5°2.4mm36.5″
941°63°2.0mm36″
PW46°63.5°1.7mm35.5″
AW51°63.5°1.4mm35.5″

ZX7 MKⅡアイアン USモデルのシャフト

US公式サイトに掲載されているシャフトは1種類です。

NIPPON N.S. PRO MODUS3 TOUR 120

硬さ重量トルク打出しスピン
S114g1.7°低~中低~中
タイトルとURLをコピーしました