ドライバーテーラーメイド

テーラーメイドの2023年の新作「ステルス2 / STEALTH2」ドライバー3機種の違いを比較・評価

ドライバー

テーラーメイドの2023年モデルの「ステルス2」シリーズについて、ドライバー3機種の違いをまとめました。

ステルス2シリーズのUSモデルのドライバー3機種

テーラーメイド ステルス2のドライバー(USモデル)は、全部で3タイプのラインナップとなっています。

左からアスリート向けで操作性・低スピンのステルス2 PLUSドライバー、スタンダードなステルス2ドライバー、ハイドロー仕様のステルス2 HDドライバーです。

この3種類のラインナップは、名前こそSIMからステルスで変わりましたが、SIM、SIM2、ステルスと同じ構成です。

シリーズ全体としては、ステルスからステルス2となり、パーツの軽量化により後方ウェイトが重くなっていて、やさしくなっています。

ステルス2シリーズ ドライバーのUSモデルの弾道・テクノロジーの違い

弾道の違い

モデルステルス2 PLUSステルス2ステルス2 HD
打ち出し★★★☆☆★★★★☆★★★★★
スピン量★☆☆☆☆★★☆☆☆★★★☆☆
寛容性★★★★☆★★★★★★★★★★
操作性★★★★★★★★★☆★★☆☆☆
弾道FF~NN~D

テーラーメイドのドライバーは、フェードバイアスのため、スタンダードなステルス2ドライバーでつかまりきれない方が殆どだと思います。

ドロー仕様のステルス2 HDで、ニュートラルかややドローぐらいの感覚で捉えると良いと思います。

ステルス2 HDドライバーは、名前がハイドローでもほぼニュートラル

テクノロジーの違い

モデルステルス2 PLUSステルス2ステルス2 HD
カーボンフェース
イナーシャジェネレータ
ツイストフェース
スピードポケット
スライディングウェイト15g
後方ウェイト15g25g30g

ヘッドに搭載されているテクノロジーは、3機種でほぼ同じです。

大きな違いはウェイトにあり、アスリート向けのステルス2 PLUSには、ソール前方にスライディング・ウェイト・トラックが搭載されていて、ドロー・フェードの調整が行えます。

イナーシャ・ジェネレータの後方には、3機種全てでウェイトが装着されていますが、重量は大きく異なっています。

前方ウェイトが無い2機種では、初代ステルスの時の6gと比べて大幅に増量されていて、ステルス2は25g、ステルス2 HDは30gとなっています。

ステルス2シリーズ ドライバーのUSモデルのスペック・シャフトの違い

スペックの違い

モデルステルス2 PLUSステルス2ステルス2 HD
10.5°
12°

ステルス2シリーズのドライバーは、ロフト角が8°、9°、10.5°、12°の4種類のスペックがあります。

8°があるのは、アスリート向けのステルス2 PLUSのみで、反対に12°のハイロフトがあるのはスタンダードなステルス2とハイドローのステルス2 HDとなっています。

モデルステルス2 PLUSステルス2ステルス2 HD
ライ角54°58°60°
ヘッド体積460cc460cc450cc
長さ45.75″45.75″45.5″

ロフト以外のスペックでは、初代ステルスから変動があります。

まず、ライ角は全機種同じ58°だったのが、PLUSは2°フラット、HDは2°アップライトになっていて、モデルの特徴をより際立たせた仕様になっています。

さらに、HDについては長さが45.5インチに短尺化されていて、楽に振れてミート率が上がりやすくなっています。

スペック面では、HDがやさしさを強調されていることが分かります。

シャフトの違い

モデルステルス2 PLUSステルス2ステルス2 HD
Kai’li RedX、S、R
Hzrdus BlackX、S
Ventus TR Red 5S、R、A
Diamana S+X、S、R
Speeder NX RedS、R、A

公式サイトに掲載されているシャフトは、3機種全てで採用されているものが異なっています。

ステルス2シリーズ ドライバーのUSモデルの価格と購入方法

ネットでの市場価格については、スタンダードで調査してみると、日本モデルはamazonや楽天で購入することができ、74,800円で出品されています。

USモデルはフェアウェイゴルフUSAにて、77,999円で出品されています。

日本モデルの方が3,000円ほど安く出品されています。
(当記事執筆時点での調査)

USモデルを購入する場合、フェアウェイゴルフUSAは、直接、メーカーから仕入れていて日本国内での実績も長く、知名度もありオススメです。

※フェアウェイゴルフUSAのメーカーからの直接仕入れについての説明

ステルス2 PLUSドライバー

ステルス2 PLUSドライバーは、前方にウェイトギミックがあり、浅重心設計になっています。

従来通り、低スピン、低打ち出しで、吹け上がりを抑えたいハードヒッター向けのモデルです。

ヘッドの機敏さも従来通りで、操作性に非常に優れています。反面、クラブにミスを助けてもらいたいと思う方には、とてもハードなモデルです。

ヘッドスピードは45m/s以上は欲しいところです。

ステルス2 PLUSドライバー USモデルの仕様・シャフト!日本モデルとの違いも解説
ステルス2 PLUSドライバー フェアウェイゴルフUSA 楽天市場 Amazon テーラーメイド公式 ステルス2 PLUSドライバーのUSモデルと日本モデルの違いを比較 主要スペックの違い USモデルと日本モ...

ステルス2 ドライバー

ステルス2 ドライバーは、スタンダードなタイプのドライバーとなり、PLUSよりもオートマチック性が備わっています。

ただ、アスリートが使用するモデルでもあるため、一般的なアベレージゴルファー向けのモデルよりはかなりハードです。

フェードが出やすいため、左に行きやすい方、自分でつかまえきれる方に適しています。

つかまりに不安がある方、球が上がり辛い方は、次に紹介するステルス2 HDがオススメです。

ステルス2 ドライバー USモデルの仕様・シャフト!日本モデルとの違いも解説
ステルス2ドライバー フェアウェイゴルフUSA 楽天市場 Amazon テーラーメイド公式 ステルス2ドライバーのUSモデルと日本モデルの違いを比較 主要スペックの違い USモデルと日本モデルで、公開されてい...

ステルス2 HDドライバー

ステルス2 HDドライバーは、後方に30g、前方のヒール寄りギリギリにウェイトを搭載していて、ハイドローの弾道が出やすい設計になっています。

後方ウェイトが5倍になったことで、ミスヒットに対する強さが増しています。

テーラーメイドのドライバーは、他メーカーと比べると何故かフェードバイアスのため、ニュートラルかややドローぐらいに捉えておくと良いでしょう。

ステルス2 HDドライバー USモデルの仕様・シャフト!日本モデルとの違いも解説
ステルス2 HDドライバー フェアウェイゴルフUSA 楽天市場 Amazon テーラーメイド公式 ステルス2 HDドライバーのUSモデルと日本モデルの違いを比較 主要スペックの違い USモデルと日本モデルで、...
タイトルとURLをコピーしました