記事内に広告を含む場合があります
ドライバーキャロウェイ

ROGUE ST MAX LSドライバー USモデルの仕様・シャフト!日本モデルとの違いも解説

ドライバー

▼ローグSTシリーズのドライバー4機種の違いについては、下記記事にまとめてありますのでリンクを載せておきます。

ROGUE STドライバー USモデル 4機種の違いを比較・評価!スペック・弾道・価格
キャロウェイの2022年モデルの「ROGUE ST」シリーズのUSモデルのドライバー4機種について、違いをまとめました。 ROGUE ST MAXドライバー 楽天市場 Amazon フェアウェイゴルフUSA ROGUE STシリーズのUSモ...

ROGUE ST MAX LSドライバーの外観

ROGUE ST MAX LSドライバーのUSモデルと日本モデルの違いを比較

ヘッド体積が異なる

ドライバーのヘッド体積がUSモデルと日本モデルで異なるのは、記憶の限りではないのですが、メーカー公表値によればROGUE ST MAX LSドライバーは異なっています。

USモデルは460ccなのに対して、日本モデルは455ccとなっています。

※左がUSモデル、右が日本モデル

映像を並べてみましたが、別々に撮られたもので、縮尺や画角が異なりますのでなかなか比較は難しいところがあります。

USモデルの方では、発売される3種のMAXは、全て460ccということになります。

タングステンウェイトの重量が異なる

出典:https://www.callawaygolf.com/golf-clubs/drivers/drivers-2022-rogue-st-max.html

ROGUE STシリーズのドライバーで共通して搭載されているのが、ヘッド後方にあるタングステン・スピード・カートリッジと呼ばれるウェイトです。

金色のパーツの中には高比重金属のタングステンがウェイトとして収められていて、深重心化・低重心化が図られています。

このウェイトは、日本モデルとUSモデルで重量が異なっていまして、日本モデルでは11gなのに対して、USモデルでは23gとなっています。

USモデルの方がほぼ倍の重さになっていますので、より深重心・低重心で、寛容性・直進性に大きく寄与しています。

後方ウェイトが重いと、スイングによってはヘッドを返しにくいというゴルファーもいる!

クラブ長さが異なる

公式サイトでのクラブ長さの公表値によると、USモデルでは45.75インチですが、日本モデルでは45.5インチとなっています。

USモデルの方が0.25インチ長くなっています。

クラブが長いと、遠心力を効かせて飛距離アップにつながるが、短い方がミート率、スイングの正確性は高い!

標準シャフトが異なる

USモデルと日本モデルで、公式サイトで紹介されているシャフトの種類に違いがあります。

USモデルではTENSEI4種、日本モデルではTENSEI1種を含む4種となっています。

USモデルの方はTENSEIシャフトのみで重量クラスが幅広いのに対して、日本モデルの方は重量クラスが60g前後に統一され、シャフトの種類が豊富となっている!

<USモデル>

  • NEW MITSUBISHI TENSEI AV BLUE 55 GRAPHITE
  • NEW MITSUBISHI TENSEI AV BLUE 65 GRAPHITE
  • NEW MITSUBISHI TENSEI AV WHITE 65 GRAPHITE
  • NEW MITSUBISHI TENSEI AV WHITE 75 GRAPHITE

<日本モデル>

  • TENSEI 55 for Callaway
  • Tour AD UB-6
  • SPEEDER NX 60
  • Diamana PD 60

ROGUE ST MAX LSドライバーの特徴・テクノロジー

タングステン・スピード・カートリッジによる深低重心

ROGUE ST シリーズのドライバーは、共通してヘッドの最後部にウェイトが搭載されています。

タングステン・スピード・カートリッジと呼ばれるパーツには、中に高比重のタングステンウェイトが搭載されていて、深重心・低重心設計になっています。

<タングステンウェイトのモデル別重量>

モデルMAXMAX DMAX LSLS◆◆◆
タングステンウェイト26g20g23g20g

スピン量、つかまりが抑えられる

モデルROGUE ST
MAX
ROGUE ST
MAX D
ROGUE ST
MAX LS
ROGUE ST
LS◆◆◆
打ち出し
スピン量極低
弾道ややドロードロー
寛容性極高極高極高
投影

ROGUE STシリーズのUSモデルは、MAXタイプが3種類あります。その中でROGUE ST MAX LSドライバーは、スピン量とつかまりが最も抑えられています。

下図は日本キャロウェイで公開されているものとなりますが、ROGUE ST MAX・MAX D・MAX LSドライバーの特徴がマトリクスで紹介されています。

出典:callawaygolf.jp

このチャートで見ても、USモデルで発売のMAX3機種の中で、ROGUE ST MAX LSドライバーは最もつかまりが弱く、最も弾道高さが抑えられています。

LSはLow Spin(低スピン)の意味がありますので、バックスピンが抑えられることで、吹け上がらずにライナー性の強い弾道が出やすくなっています。

自分の力で球を上げられるヘッドスピードが速い方、つかまり過ぎによる左へのミスを抑えたい方に適したドライバーです。

AI設計によるFLASH FACE SS22を搭載

ROGUE STシリーズのフェースは、AIとスーパーコンピュータを用いることで膨大なシミュレーションを重ね、最適設計が行われています。

AIデザインのFLASH FACE SS22は、スピン量を抑えながら、慣性モーメントを大きくしていて、飛距離と寛容性の両立が実現されています。

ジェイルブレイク・スピード・フレームを搭載

こちらのジェイルブレイクも、2017年のGBB EPIC以来、キャロウェイのドライバーには搭載が続いていて、フェアウェイウッドやハイブリッドにも広めています。

前年のEPICと同様に、柱状から枠状になったJAILBREAK SPEED FRAMEが搭載されています。

ヘッドの水平方向とねじれ方向の安定性が高められていて、よりインパクトエネルギーが効率的にボールスピードに転化され、飛距離アップにつながります。

ROGUE STドライバー USモデル 4機種の違いを比較・評価!スペック・弾道・価格
キャロウェイの2022年モデルの「ROGUE ST」シリーズのUSモデルのドライバー4機種について、違いをまとめました。 ROGUE ST MAXドライバー 楽天市場 Amazon フェアウェイゴルフUSA ROGUE STシリーズのUSモ...

ROGUE ST MAX LSドライバーのスペック

ロフト角9.0°10.5°
ライ角57.0°57.0°
ヘッド体積460cc460cc
長さ45.75”45.75”
バランス*D3、D4、D5D3、D4、D5
左右両方両方

*D3:50g、D4:60g、D5:70g

ROGUE ST MAX LSドライバーのシャフトスペック

US公式サイトに掲載されているシャフトは4種類です。以下、掲載されている順に紹介します。

NEW MITSUBISHI TENSEI AV BLUE 55 GRAPHITE

フレックス重量クラストルク調子
REGULAR55中~高
STIFF55

NEW MITSUBISHI TENSEI AV BLUE 65 GRAPHITE

フレックス重量クラストルク調子
REGULAR65
STIFF65低~中

NEW MITSUBISHI TENSEI AV WHITE 65 GRAPHITE

フレックス重量クラストルク調子
STIFF65低~中手元
X-STIFF65手元

NEW MITSUBISHI TENSEI AV WHITE 75 GRAPHITE

フレックス重量クラストルク調子
STIFF75G手元
X-STIFF75G手元

ROGUE ST MAX LSドライバーの価格と購入方法

発売価格は、USで549.99ドル、日本で86,900円となっています。

ネットでの販売価格については、日本モデルの方はamazonや楽天で購入することができて、安いものでは6.5万円ぐらいで出品されています。USモデルの方は、フェアウェイゴルフUSAにて549.99ドル(約6.3万円)となっています。(日本モデルの価格情報は確認され次第、掲載します)

USモデルは、保証や入手経路の安全性を考えると、メーカーから直接仕入れていて日本国内で実績があるフェアウェイゴルフUSAがオススメです。

※フェアウェイゴルフUSAのメーカーからの直接仕入れについての説明

ROGUE STドライバー USモデル 4機種の違いを比較・評価!スペック・弾道・価格
キャロウェイの2022年モデルの「ROGUE ST」シリーズのUSモデルのドライバー4機種について、違いをまとめました。 ROGUE ST MAXドライバー 楽天市場 Amazon フェアウェイゴルフUSA ROGUE STシリーズのUSモ...

 

タイトルとURLをコピーしました