記事内に広告を含む場合があります
アイアンキャロウェイ

APEX UTアイアン USモデルのスペック・シャフト!日本モデルとの違いも解説

アイアン

APEX UTアイアンのUSモデルと日本モデルの違いを比較

番手の種類の違い

番手については、USモデルの方が充実しているケースが多く見受けられますが、APEX UTアイアンではUSモデルと日本モデルで差が有りません。

ただ、番手の呼び方に違いはあり、USモデルでは2番・3番・4番、日本モデルでは18°・20°・23°となっています。

主要スペックの違い

USモデルと日本モデルで、公開されているスペック項目を比べてみると、ロフト角、ライ角、長さで違いがありません。

シャフトの違い

USモデルと日本モデルで、公式サイトで紹介されているシャフトの種類に違いがあります。

USモデルでは2種類、日本モデルでは1種類で、同じシャフトはありません。

<USモデル>

  • MITSUBISHI MMT UT 80 GRAPHITE
  • MCA MMT TAPER IRON

USモデルのシャフトスペックは、この後で詳しく掲載してあります。

<日本モデル>

  • N.S.PRO MODUS3 TOUR 105

レフティーモデルの有無

レフティーモデルについては、USモデルの方が充実しているケースが多く見受けられます。

APEX UTアイアンについても、レフトハンドの提供があるのはUSモデルのみとなっています。

APEX UTアイアン USモデルの価格と購入方法

ネットでの市場価格については、日本モデルはamazonや楽天で購入することができて33,440円で出品されています。

USモデルはフェアウェイゴルフUSAにて約39,325円で出品されています。

日本モデルの方が6千円ほど安く出品されています
(当記事執筆時点)

USモデルを購入する場合、フェアウェイゴルフUSAは、直接、メーカーから仕入れていて日本国内での実績も長く、知名度もありオススメです。

※フェアウェイゴルフUSAのメーカーからの直接仕入れについての説明

APEX UTアイアン USモデルの外観

APEX UTアイアン USモデルのスペック

番手ロフト角ライ角オフセット長さ
2番18°60.0°2.339.50″
3番20°60.5°2.239.00″
4番23°61.0°238.50″

APEX UTアイアン USモデルのシャフト

US公式サイトに掲載されているシャフトは4種類です。

MITSUBISHI MMT UT 80 GRAPHITE

硬さ重量打出しスピン
REGULAR85
STIFF95
TX105

MCA MMT TAPER IRON

硬さ重量打出しスピン
REGULAR115
STIFF115
X-STIFF115
タイトルとURLをコピーしました