記事内に広告を含む場合があります
ドライバーランキング

【2023年】スライサー向け ドライバー ランキング

ドライバー

本記事では、スライサー向けのドライバーについて、2023年時点でのオススメモデルをランキングで紹介します。

対象ゴルファーは、スライスに悩むゴルファーとなりますので、アベレージゴルファーがコア層となります。是非、参考にしてみてください。

第1位 PING G430 SFTドライバー

G430シリーズはドライバーが3タイプあり、G430 SFTドライバーはドロータイプのドライバーです。

従来までのSFTには、3タイプの中で、唯一、ウェイト調整機能が搭載されていませんでしたが、遂にG430シリーズで2段階のドロー調整機能が搭載されました。

スタンダードタイプのG430 MAXドライバーと比べると、ドロー設定で13ヤード、ドロープラス設定で20ヤードのドロー効果があります。加えて、可変スリーブによりアップライトに切り替えることもできますので、スライス削減の効果を多様に調整できる点も魅力の一つです。

ヘッドスピードが速くない、パワーに自信が無い方は、G430 HLシリーズという軽量バージョンにもSFTタイプがある!

G430 SFTドライバー USモデルの仕様・シャフト!日本モデルとの違いも解説
G430 SFTドライバー 楽天市場 Amazon フェアウェイゴルフUSA G430 SFTドライバーのUSモデルと日本モデルの違いを比較 主要スペックの違い USモデルと日本モデルで、公開されているスペック項目を比べてみると、殆どの値が...

第2位 キャロウェイ ビッグバーサドライバー 2023

キャロウェイから発売のビッグバーサドライバー 2023です。

2021年に発売されているビッグバーサ 21の後継モデルで、スライス削減効果を大きく打ち出しています。

ドロー仕様のドライバーとしては珍しく、しっかりとした重量感と低スピン性能が備わっていますので、振りごたえはそのままに、つかまり性能だけ高めたい方にオススメです。

ビッグバーサ ドライバー(2023) USモデルの仕様・シャフト!
キャロウェイからビッグバーサ ドライバー(2023)が発売となっています。 当記事執筆時点では、日本公式サイトでは掲載がなく、取り扱いはUSモデルのみとなります。 購入する場合は、USモデルの取り扱いで有名はフェアウェイゴルフUSAにて取り...

第3位 PING G430 MAXドライバー

第1位はG430 SFTドライバーでドロー専用モデルでしたが、スタンダードモデルのG430 MAZドライバーもスライサー向けとしてオススメのドライバーです。

G430 MAXドライバーにもウェイト調整機能が搭載されていて、ニュートラル、ドロー、フェードの調整が可能で、ウェイトドローにすると10ヤードのドロー効果を発揮してくれます。

ちなみに、G430 SFTドライバーは、ドローポジションで13ヤード、ドロープラスポジションで20ヤードのドロー効果とされていますので、それよりは弱めのドロー効果となります。

決まって右にやすいものの、曲がり幅は10ヤード以内という方は、こちらのG430 MAXドライバーがオススメです。

G430 MAXドライバー USモデルの仕様・シャフト!日本モデルとの違いも解説
G430 MAXドライバー 楽天市場 Amazon フェアウェイゴルフUSA G430 MAXドライバーのUSモデルと日本モデルの違いを比較 主要スペックの違い USモデルと日本モデルで、公開されているスペック項目を比べてみると、殆どの値が...

軽量バージョンのG430 HLシリーズには、MAXタイプもある

第4位 テーラーメイド ステルス2 HDドライバー

テーラーメイドのステルス2シリーズは、ドライバーが3タイプあり、ステルス2 PLUSとステルス2(スタンダード)はあるリート使用なものの、ステルス2 HDはアベレージゴルファー向けのドライバーです。

初代ステルスシリーズは、全体的にハードスペックでしたが、その反動かステルス2シリーズの方は全体的にやさしくなっていますので、初代のステルス HDドライバーよりも、ステルス2 HDドライバーの方がやさしくなっています。

「HD」はHigh Drawの略のため、弾道は高弾道でつかまりの良さが特徴です。

ロフト角は、9°、10.5°に加えて12°もあり、可変スリーブも搭載されていますので、幅広い弾道ニーズにフィットしやすいドライバーです。

ステルス2 HDドライバー USモデルの仕様・シャフト!日本モデルとの違いも解説
ステルス2 HDドライバー フェアウェイゴルフUSA 楽天市場 Amazon テーラーメイド公式 ステルス2 HDドライバーのUSモデルと日本モデルの違いを比較 主要スペックの違い USモデルと日本モデルで、公開されているスペック項目を比べ...

第5位 キャロウェイ パラダイムX ドライバー

キャロウェイのパラダイムシリーズはプロパーで4タイプのドライバーがあります。その中でドローモデルなのがパラダイム Xドライバーです。

ドローモデルと言うと「D」「MAX」が多いですが、海外では「X」も使われる!

なお、USモデルにはありませんが、日本モデルではパラダイム MAX FASTドライバーもあり、そちらの方は軽量でつかまり性能・弾道高さが優れています。

軽いクラブで楽に振りたい方は、日本モデルのパラダイムMAX FASTドライバーも検討されると良いでしょう。

パラダイムX ドライバー USモデルの仕様・シャフト!日本モデルとの違いも解説
パラダイムX ドライバー フェアウェイゴルフUSA 楽天市場 Amazon キャロウェイ公式 パラダイムXドライバーのUSモデルと日本モデルの違いを比較 主要スペックの違い USモデルと日本モデルで、公開されているスペック項目を比べてみると...

尚、パラダイムシリーズは、前年のローグSTシリーズと比べるとかなり難しいと言われていて、弾道バイアスもフェード寄りになっています。

つかまりの良さ、スライス削減効果で言えば、一世代古くなりますが、ローグST MAX Dドライバーの方が高いと感じる方が多いと思います。

ROGUE ST MAX Dドライバー USモデルの仕様・シャフト!日本モデルとの違いも解説
▼ローグSTシリーズのドライバー4機種の違いについては、下記記事にまとめてありますのでリンクを載せておきます。 ROGUE ST MAX Dドライバー 楽天市場 Amazon フェアウェイゴルフUSA ROGUE ST MAX Dドライバー...

第6位 ダンロップ ゼクシオ12 ドライバー

大人気シリーズのゼクシオの12代目となるドライバーです。

クラブ重量は一般的なものと比べると20gほど軽いため、スイングスピードが遅い方、ヘッドが重過ぎると感じている方が楽に振りやすいドライバーです。

ゼクシオシリーズは、尖った性能や特徴というと軽量ぐらいしかありませんが、それでも、球の上がりやすさ、つかまり、直進性、寛容性など、初心者が真っ直ぐ飛ばしやすい性能がバランス良く備わっています。

20年以上も続くシリーズなだけあって、万人が使いやすさ、扱いやすさを感じやすいドライバーです。

第7位 ミズノ ST-X 230ドライバー

ミズノのSTシリーズ2023年モデルのドロータイプのドライバーです。

STシリーズは、Z、X、PLTNMの3タイプあり、Xはつかまりの良さと弾道の高さが特徴のドライバーです。

シャフトラインナップが豊富なため、270・280g台といった軽量なものや、300g台といった振りごたえのあるものまで選べるのも魅力の一つです。

ST-X 230ドライバー USモデルの仕様・シャフト!日本モデルとの違いも解説
ST-X 230ドライバー 楽天市場 Amazon フェアウェイゴルフUSA ST-X 230ドライバーのUSモデルと日本モデルの違いを比較 主要スペックの違い USモデルと日本モデルで、公開されているスペック項目を比べてみると、ロフト角の...
タイトルとURLをコピーしました