記事内に広告を含む場合があります
ユーティリティピン

iクロスオーバー USモデルの仕様・シャフト!日本モデルとの違いも解説

ユーティリティ

iクロスオーバーのUSモデルと日本モデルの違いを比較

番手の種類は同じ

フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアンでは、USモデルの方が番手が充実しているケースが少なくありません。

ただ、PINGでは違いがあることは少なく、iクロスオーバーもUSモデルと日本モデルで番手のラインナップは2~4の本と全く同じです。

主要スペックも同じ

公式サイトでは、ロフト角、ライ角、長さといったスペックが公開されています。

比較可能な主要スペックを見比べてみると、値は同じとなっています。

希に、USモデルではライ角がフラットだったりアップライトだったりということがありますが、iクロスオーバーでは全く同じ値となっています。

シャフトが異なる

USモデルと日本モデルで、公式サイトで紹介されているシャフトの種類に違いがあります。

どちらもPING TOUR 2.0とALTAシャフトがあり、その他に、USモデルでは3種類、日本モデルでは6種類のシャフトがあります。

<USモデル>

  • PING Tour 2.0 Chrome 85
  • PING ALTA CB Black 70
  • HZRDUS Smoke Red RDX 70
  • HZRDUS Smoke Red RDX 80
  • Mitsubishi Kai’Li White 80

USモデルのシャフトスペックは、この後で詳しく掲載してあります。

<日本モデル>

  • ALTA J CB BLACK
  • PING TOUR 2.0 CHROMEクローム 85
  • AWT 2.0 LITE
  • N.S.PRO 850GH neo
  • N.S.PRO 950GH neo
  • N.S.PRO MODUS3 TOUR 105
  • N.S.PRO MODUS3 TOUR 115
  • DG EX TOUR ISSUE

iクロスオーバー USモデルの価格と購入方法

ネットでの市場価格については、日本モデルはamazonや楽天で購入することができて約34,300円で出品されています。

USモデルはフェアウェイゴルフUSAにて35,856万円で出品されています。

日本モデルの方が1.5千円ほど安く出品されています
(当記事執筆時点)

USモデルを購入する場合、フェアウェイゴルフUSAは、直接、メーカーから仕入れていて日本国内での実績も長く、知名度もありオススメです。

※フェアウェイゴルフUSAのメーカーからの直接仕入れについての説明

iクロスオーバー USモデルの外観

iクロスオーバー USモデルの仕様

番手ロフト角ライ角長さオフセットバランス
2番18.0°59.5°40.125”0.21”D2
3番20.0°60.5°39.5”0.20″D2
4番22.5°61.5°39”0.18″D2

iクロスオーバー USモデルのシャフト

US公式サイトに掲載されているシャフトは5種類です。

PING Tour 2.0 Chrome 85

硬さ重さ打ち出し角
Regular73.0g
Stiff82.0g低~中
X-Stiff87.0g

PING ALTA CB Black 70

硬さ重さ打ち出し角
Soft Regular69.0g
Regular73.0g中~高
Stiff76.0g

HZRDUS Smoke Red RDX 70

硬さ重さ打ち出し角
5.566.0g中~高

HZRDUS Smoke Red RDX 80

硬さ重さ打ち出し角
674.0g
6.576.0g

Mitsubishi Kai’Li White 80

硬さ重さ打ち出し角
Stiff77.0g
X-Stiff78.0g
タイトルとURLをコピーしました